いくつかの幸運が重なって、2020年6月、憧れのCOLNAGO C59を手に入れた。
三連勝に25年近く乗り続け、COLNAGO CLX3.0を経由して、ついにC59に辿り着いた。
踏めば踏むだけ前に進むイタリアの至宝でいつまでも走り続けたい。

そんなタイミングで、競輪の木谷涼選手(福岡78期)が母子家庭支援のために始めたグッズ販売で買ったTシャツ2枚が届いた。

ぼくにも何かできないだろうか・・・と考えながら走っていた7月26日(ぼくの52回目の誕生日)にふと思い付いた。
C59で走る1kmを10円に換算して、困っている人々の支援活動に寄付しよう。

2020年7月26日にスタートして、まずは2021年7月25日までの1年間で何km走れるだろうか。
その走りをこのブログで報告します。

I was lucky to own COLNAGO C59 which I have been longing for many years. Then, I began thinking I would like to share this happiness with some people who are in trouble and need a bit help. What can I do? I have figured out on July 26, 2020, during my birthday ride, that I would accumulate JPY 10 per 1 km of my ride with C59, and donate to charity organizations which support people with difficulties, such as single-parent family or the disabled. Let’s see how much I can ride for one year.

【報告 1年目】
2020年7月26日から2021年7月25日の最初の1年で3296.11kmを走って、32,961円を認定NPO法人しんぐるまざあず・ふぉーらむに寄付をしました。

< 1st Year Completed >
I reached 3,296.11 km for the first one year (July 26, 2020 – July 25, 2021), and made JPY 32,961 donation to NPO Single Mothers Forum.

【報告 2年目】
2021年7月26日から2022年7月25日の2年目は残念ながら1653kmと距離が伸びず、17,000円を一般社団法人ハビリスジャパンに寄付しました(1000円単位のため切り上げて)。

< 2nd Year Completed >
I could reach only 1653 km for the 2nd year and made JPY 17,000 donation to Habilis Japan which supports children with physical difficulties.

【報告 3年目】
2022年7月26日から2023年7月25日の3年目は1566.50kmと2年目よりさらに走行距離が短くなってしまった。残念ではあるがしょうがない。丸めて16,000円を車椅子の小児科医、熊谷晋一郎先生の「当事者研究」(障害者が社会でもっと活躍するためにはどのような構造的、文化的環境作りが必要か障害者自らが研究する活動)に寄付させていただいた。

< 3rd Year Completed >
Again, my ride with C59 was less than a previous year, and I made JPY 16,000 donation for the program by Dr. Shinichiro KUMAGAYA, a pediatrician with wheelchair, who actively advocates how we adjust the society in structural and cultural ways for the people with disabilities.